FC2ブログ

Q太郎日記のカテゴリー記事一覧

≪新しい記事一覧へ メイン さらに古い記事一覧へ≫

【period44の続き】 トラブル的なこと①(すこし考えてみた)

Q太郎日記
08 /19 2019
前回の記事はコチラ
https://oh1my2children3.com/blog-entry-61.html

後日の話になりますが
再度、あの時の状況を振り返って見て考えてみました

理由は
今後そういったトラブルが起こったための対策や
親として子をなるべく良い方向に導けたらなと

そういうことをいろいろと考えてみました

まず、手を払いのけられた時点で
とっ捕まえて警察に通報するのもありだと思いました
この記事のように↓

1歳の赤ちゃんがいきなり見知らぬ男に殴られる→男「ベビーカーが目障りだった」
https://togetter.com/li/878894

ただ、違うのは・・・
ベビーカーに座っている(寝ている)1歳児
それに対してこちらは動きまわって、相手を触ろうとした5歳児

警察呼んでも大げさって言われる可能性がありそう
すかさず、捕まえて直接抗議すればよかったかね?

うーん、難しい・・・
ママが謝ったのもあり、そこから抗議に持っていくのは
ちょっと流れ的に変か?
ってか、関係ないか

あと、もう一つの原因は
パパがその”あり得ない出来事”に動転したか、びびったかで
行動が遅れたことだね
情けないことに・・・

結局、2回目に出会った時に怒りが爆発してるのは
いくら何でも遅いし、直接抗議したわけではない

でも、Q太郎連れているということもあり、その状況やリスクを考えると
直接抗議は危ないか

パターン1.とっ捕まえて直接抗議

パターン2.聞こえる声で直接批判

パターン3.聞こえる声で間接的に批判
       (おっさんの批判をママに言う)
                                                                         
こういうの判断が難しいですね・・・


また、Q太郎に関しては
手をつないでても、モノを触ってしまったりいたずらをしてしまうので
何度も言って、言い聞かせるしかない

現にスーパーなどにある商品などは
100%で無いにしろ、ある程度分かってるから

でも、これに関してはベネッセの教材の力がとても大きい
(「商品むやみにさわっちゃダメー」みたいのがある)

人や人が携帯しているものに触ってしまうことはダメだってことをわからせる教材は
今のところないので、言って聞かせるしかないですね

聴覚認知が弱いので、絵を書いて教えたり
ちょっと、時間をかけて念入りにやってみることにします

【period44】 トラブル的なこと①

Q太郎日記
08 /12 2019
7月21日


近くのスーパー行った時の話

Q太郎は落ち着きのない様子で
ずっとテンションが上がっていた状態

手を放すとダッシュでどっか行っちゃう感じ

手をつないでても、落ち着きがなく、物を触ったりしてしまう

理由は不明だけど、たまにこの状態になる・・・


この子は”やっていいこととやってはいけないことの境”があまりわかってないし
加減を全く知らないので、一旦テンションが上がってしまうと
悪気は無くても、人に迷惑をかける行為を平気でやってしまう

Q太郎本人は注意されても、認知が薄いので、”やってはいけないこと”というのは、ほとんどわからなかったりする


もちろん、それは赤の他人に対してもそうだ

駅で手をつないで歩いている時、すれ違いざまの人を触ってしまったりとか
そういうことは過去何度かあった


今回は、そんな状況で運悪く事件が起こってしまった


アイスコーナーあたりで、サラリーマンの肩掛けしているカバンに触ろうとしたのかよくわからなかったけど
間違いなくQ太郎はそちらの方向に手を伸ばしていた

実際に触ったわけではないが「すみません」と一回目はママの静止により手を引っ込めたが
Q太郎は再度手を伸ばそうとしてた。

今度は明らかに小太り目細めのサラリーマン(以下、おっさん)のカバンを掴もうとしていた

その時はそのおっさんもQ太郎がカバンを掴もうとするのを気づいたようで
何を思ったのかそいつはなんと、Q太郎の伸ばした手を力強くはたきやがった

ちょっと表現がむずかしいけど、腕を落としている状態から拳に力を入れて手の甲ではじく感じ
裏拳みたいな?


バッッチン!!


弾いた音は店内に結構響いたと思う。

ママはあわてて「すみません!」といってQ太郎を抱きかかえた
そのおっさんは悪びれた様子もなく、アイスを見てた

Q太郎はQ太郎で痛がっている様子もなく、ケラケラ笑ってる
なんだその反応・・・

パパはつぶやくように言った「えーーいやっありえないでしょ、一回謝ったのにそこまでする?」
それは、そのおっさんに聞こえたか聞こえないがわからない
だけど、決して、聞こえない声ではなかったと思う

その場を後にしたわけだけど、ママに対してパパは言った

「ああいうケースで傷つくのはこっちなんだから、気を付けて」と
変な奴っていうのは、こちらの状況も関知せず、自分が不都合や不快な思いをすると
攻撃してくるような自分勝手な奴・・・・

今の世の中はそういう人は多くなっているように感じるから
こっちが気を付けないといけない的なことをママにやんわりと伝えた


ただ、自分で言って
後から、なんだかすごいムカついてきた

今回は、Q太郎はまだなにもしてないのに
なんであんな風にやられなきゃいけないんだよと

・・・怒りが後からやってきたのは
パパが歳をとったってことなんだろうけど

自分の息子が自閉スペクトラム症ということで
いろいろとあきらめる覚悟をしていたからかもしれない

もちろん、あきらめるといっても、それが最終的な結論ではなく
「Q太郎の将来の為に今後もいろいろとその症状を軽減(改善)させていく」
「その結果、軽減できない部分に対してはあきらめなければいけないこと」
「できないことが増えていくと、当然やりたいこともできなくなる。」

‐"その覚悟"という意味だ

なお、この時の状態は
ママがQ太郎の手を引っ張り
アンちゃんはカートに乗せてパパが引っ張っていた

親として、子供の面倒を見るという責任は当たり前にあると思うけど
ママに大きな落ち度も無いと思われるし、この仕打ちについて
遅いかもしれないが、頭にきてしまった


パンコーナーでパンを買おうとしたとき、またあのおっさんがいた
パンが陳列された棚でパンを眺めていた

Q太郎が行ってしまうというか
ママがパンが買いたくて、普通に近づこうとしてたので

パパはすかさず「また、変な奴がいるぞ!!また、なんかされるぞ!!」といった
指を何度も指しながら、そのおっさんに聞こえるように大声で言った

おっさんの横側にQA家族がいるような感じで、距離は1,5mもないほど
パパはしばらくおっさんの顔を見てた

おっさんは、すぐに移動してきた
ちょうどこちらに向かってきた

パパは完全に頭に来てたので、おっさんの顔をずーっと見た
パパは結構人相悪いので、睨んでいるように思われるだろうが
無表情で見続けた(とはいっても、状況が状況なのでそれなりの表情にはなっていたと思うけど)

でも、そのおっさん、全然こっち見ないの
Q太郎が近くに行ったのはすぐに気づいたくせに

なんか、ただ弱い相手にしか強気に出れないやつなんだなとそう思った

スーパーからの帰りも同じ方向で、こちらは自転車で追い越す形となったけど
追い越すとき、しばらく見てても全然反応しないのコイツ

この時ばかりは、追い越すとき「〇ね、クズ」って言えばよかったかもって本気で思ってしまった

↓そういえばこんな事件もあったわ

1歳の赤ちゃんがいきなり見知らぬ男に殴られる→男「ベビーカーが目障りだった」
https://togetter.com/li/878894

【period43】 こえだちゃん木のおうち YOUTUBE ぐへへへ

Q太郎日記
07 /30 2019
7月24日

誕生日3日ぐらい前から、急に「こえだちゃん木のハウス」が欲しいと言い出した
「こえだちゃん買う~」

前にもほしいと言ってたけど
なんでまた再発したんかいな
・・・
あっ
わかった
YOUTUBE

そういえば、最近YOUTUBEみまくってるわ
脈絡もなく、動画サーフィンしてるわ

もうこの3日はこえだちゃんこえだちゃんでさわがしかった

結局、こえだちゃん買ったけど
エレベータうごかしながら
「ぐへへへ」とおっさんみたいな笑い声出してた





では、また次回お会いしましょう!!

【period42】 誕生日プレゼント 伝える力 遊園地プール

Q太郎日記
07 /21 2019
7月17日

Q太郎の誕生日プレゼントとして、アンパンマンのアイスクリームかったけど
「アンちゃん、おいで」っていって、一瞬だけど(ほんと一瞬)アンちゃんと遊んでいた




Q太郎がパパの部屋から出ていくときに
さんかくが入って来ちゃって
「あ~さんかくがはいってきちゃった」っていったら、「さんかく、おいで」といって、しっぽをつかんで
強引に外に連れ出してた

ちなみに、さんかくはパパの部屋で容赦なく糞尿を垂れ流すので
出禁なのだ!!


ばぁばからもらったニンジンを見せてくれて
Q「これもらったの」
パパ「だれから?」
Q「ばぁばから」といえた

定常発達の子なら問題なくできるだろうけど
Q太郎としては質問に対する返しがほとんどできないので
会話のキャッチボールできたことがうれしくってたまらなかった


足の指で、どれかおさえてこの指どーれっていったら
指の名称をまだ覚えてないので、反対の足の指で「これ!」っていってた

・・・まぁ、外れましたが
偶然かもだけど、伝え方はうまいなと思った


療育は体調不良でお休みしたけど
週末、プールがある遊園地に行ったよ

はしゃぎっぷりがすごく、もう帰るよと言ったら
「プールいくぅ」
時間があったら、遊具も乗ろうと思ったけど
今回はプールだけ
ほとんど体力使い果たしちゃって、ぐったりしてた

プール
大はしゃぎ~

プールおわってから、目やにがでるようになってしまって
目薬さそうとしたら、すごいいやがって、横になろうともしなかった
そういや、この子は目薬嫌がるんだっけ
視覚優位な子は目薬も嫌がる?!

ネットでこえだちゃんハウスの木のおうちほしいようで
「こえだちゃん買う~」っていったので、「目薬指すのを手伝ってくれるならいいよ~」
といったら、ごろんと横にはなってくれた
けど、やっぱり怖いようですごく嫌がってた

言葉理解できてるんだね






今回もお読みくださりありがとうございました♪

【period41】 夏祭り 出店 かき氷 

Q太郎日記
07 /15 2019
7月9日

幼稚園の夏祭り
なおみちゃんがQ太郎のところに来て、ヨーヨーいぼいぼの光るやつを見せてくれた
でも、Q太郎がそれを怖がって、ママの後ろに泣きそうになって隠れてしまった
なおみちゃんもよくわかってなかったので、Q太郎に見せようとしておいかけてしまい
結果、Q太郎は「えっ」「えっ」って言ってぐるぐる回って逃げていた


しおりちゃんがきて、Q太郎がママに「だっこ」「だっこ」といってたら
「Q太郎のことだっこできるよ~」といって、なんとQ太郎をだっこした
ママが「重くない?」って聞いたら「重くない。大丈夫だよ」といっていた
幼稚園児といえど女の子はたくましいなぁ


屋台で缶を5個つんで、輪投げをするんだけど
1個目で倒したら、倒れた状態の缶に輪投げしてた
(本当は再度積んで輪投げするんだけど)


他にもS字フックでヨーヨー釣りするんだけど
なかなか、S字フックを受け取らず、ママが代わりに受け取って
一緒にやった
「ヨーヨー何色がいいの?」って聞いたら「黄緑」といっていた


かき氷食べたかったらしく、並んでた時はにっこにこだった
(一週間前からかき氷かき氷いってた。当日は朝からかき氷かき氷いってて、バスに乗ってもかき氷いってて
ないもんだから、泣いてた)

最初はレモン味
「何味にする?」っていったら「れもんー」って言ってた
しおりちゃんがきて「何味たべてるの?」と
Q太郎が「レモン」と答えたら「一緒だね」と

カルピスお替りしても
しおりちゃんがきて「何味たべてるの?」「カルピス」「一緒だね」

2杯お替りしたので、もうお替りだめで
しおりちゃんと謎の子がきて、Q太郎に一口づつあげてた


ビンゴ大会でビンゴをあてて、折り紙で作った時計をもらってた
色が選べるので、「きみどり~」と言っていた

黄緑がすきなのかな
Q太郎は好みにトレンドがあって、コロコロかわる


最後集合写真撮るときに、かき氷の機械が気になるらしく
そっちに行こうとしてて
しおりちゃんとことはちゃんが「Q太郎座って」って両方の手をひとりずつ組むような感じで
立てないようにしてくれた

しおりちゃんが「Q太郎は先生のとこばっかりいくんだよ」と「男の先生にはいかないんだよ」とも
女性ばっかりなのはパパも同じ


公園は遠くの公園にいったよ
大きい山を一つ越えた

なぜか、Q太郎は歩いてばっかりで遊具ではほとんどあそばなかった



では、また次回お会いしましょう!!